パートがお休みの日

今日は仕事がお休みだったから、かなり寝坊してしまった〜

起きたら11時半…
旦那よ、ちゃんと起きて見送らなくてごめん!
お詫びに、美味しいコーヒーをボトルにつめて、職場まで届けてあげました。
(家から旦那の職場までは、自転車で15分くらい)
その後はスーパーでお買い物して、クリーニングした旦那のスーツを引き取って帰りました。
主婦っぽい(笑)!

帰ってから、私もコーヒー飲んでひと休みしようと思ったのに、
買い物した袋をおいてコートを脱いだりしていたら…
袋がバランスを崩して…
卵のパックが落下しました↓↓
悲劇です。。

卵はパック内で割れたので、そっこー調理を始めました。
そんな今日の献立は
★チンゲン菜と厚揚げと卵のオイスターソース炒め
★エノキの豚肉巻き
★豆腐の納豆キムチのせ
糖質オフを心がけているので、夕飯にお米は食べません!
(ワインとか飲んじゃってるけど)

今日は好きなドラマがあるー!
早くお風呂済ませて鑑賞準備しよっと♪

毎晩の夕食だけど

一昨日は大根と豚バラを甘辛く煮た。
昨日は甘口タラをホイル焼きにした。
今日はハンバーグにキノコを添えようと思う。
若いころは食べられればそれで良しなんて思っていたけど
最近はメインを考えた後必ず野菜は?って思ってしまう。
健康志向のブームに乗ってるのか?それとも私自身が年をとっただけなのか。
亡き夫は野菜を食べるとき口癖のように
「薬だと思って食べるんだよ」
なんて言ってたっけ。
単に野菜が好きなだけじゃないの?って思ってた。
年頃の娘は体重をすごく気にしている。
顔に出来る吹き出物も・・・
私としては一応母だし気を使わないわけにはいかない。
そう言えば食育なんて言葉もあったなぁ。
それを還暦を過ぎて今やってるんだ私。
夕食と言えば家族団らんなんて言葉が聞こえてくるが
我が家は二人暮らし。
家族団らんなんて言葉は程遠いがいつも娘と二人。
まぁこれも家族団らんと言えば言えるのだろうが。
朝起きてすぐ今日は何にしようと考える。
あぁ〜つまらないと最近まで思っていたが慣れてくると
それはそれで変化をつけようと必死になってくる私が面白い。
毎晩の夕食。
メインを魚か肉かに分けてそれにあった副食を冷蔵庫の中を
思い出しながら考えて足りないものだけどを買いに行く。
当たり前の事と言えば当たり前の事なんだけどどうせ食べるなら
美味しく健康になんだよね。
溜息がでるけど今日も頑張って作ろうっと。

http://grimzps.com/

一人の時間も家族の時間も大切

先日、主人が子供を遊びに連れ出してくれるというので、久々に長時間自分一人だけの時間を楽しむことができました。
普段の子連れでの外出は、大きな鞄でペタンコ靴やスニーカーを履いて、薄化粧でまとめ髪にしてアクセサリーもつけず、という機能性重視のスタイル。
ですが今回は小さいハンドバッグを持ってヒールの高い靴を履いて、アクセサリーもフル装備でフルメイク。
髪の毛もまとめなくていいので可愛く巻いて、見た目だけではなくて気分もすごく若返った気分でした。
今まで子連れでの外出がものすごく大変!と思ったことはあまりなかったのですが、こうして一人で出掛けてみると、なんと楽な事か…
私が家に帰ってからも、まだ主人や子供たちは帰っていなかったので、長風呂して本を読んでのんびり。
そうこうしているうちに、今度は一人でいるのがとても寂しくなってくるんですよね。
「みんな早く帰ってこないかな」と、気になりだすんです。
一人の時間があるからこそ、より家族を愛しく思えるのかなと思いました。

ある日の私の休日の過ごし方

今日はいつもより1時間遅い時間に起きた。何故なら今日は仕事が休みで、唯一朝がゆっくり出来る日なんだ。毎日家族と自分の為に作るお弁当作りがないくらいで、後は何ら変わらない家事をしないといけないのに、何故だろう、気持ちが楽だ。毎日のお弁当作りにも慣れたはずなのに、お弁当に入れるおかずに毎日悩む日々。
今日くらい手抜きをして良い日だ。
今日は朝からモーニングに出かけよう。
簡単に家事を済ませ、自分の身支度を済ませた後に、旦那と娘を起こした。まだ、眠たい様子。モーニングに行こうと提案すると、旦那も乗り気で、車を出してくれた。向かったのは近くにある喫茶店。店のドアを開けると珈琲の良い香りが。癒される。早速、モーニングを注文した。10分程してモーニングが運ばれて来た。今日のメニューは、厚切りトーストとサラダ、スクランブルエッグ、ウインナー、小椀に入ったうどんだった。ボリュームもなかなかあって、とても美味しかった。誰かに作って貰った料理は本当に美味しく感じた。

娘との料理で、新たな発見!

今日は就職で上京した娘が、帰ってきました!会うのは1年ぶりです。

帰ってきてすぐ家事を手伝ってくれて…せっかく帰ってきたんだからゆっくり休んでくれていいのに、ありがとう〜という思いと、色んな話をしながら家事をするのが懐かしいな〜楽しいな〜という思いで、嬉しくなりました♪一緒に住んでいた時も家事を手伝ってくれましたが、一人暮らしで手際が良くなっていたり、先々考えて動いてくれる姿に、成長を感じました。

そして、夕ご飯作り。「今日はアジのムニエルでさばかなきゃいけないし、食器運ぶのを手伝ってくれるだけでいいよ」と言うと、「私もお魚さばけるようになったんだよ〜まだまだだけど〜」と娘。いつの間に覚えたんだ〜!とびっくりしました。娘がさばくところを見たいな〜と思ったので、遠慮なく娘に甘えることにして、見ていると…途中でステーキナイフを取り出しました!思わず「ステーキナイフ!?切れないでしょ!」と言ってしまいましたが、「初心者は三枚下ろしで骨のギリギリまで身を残すのが難しいから、感覚掴むまでステーキナイフを使うのが良いってテレビでやってたんだよ」と…綺麗な三枚下ろしを見て、ステーキナイフでここまで切れるんだ、とびっくりしました!

そして、楽しそうに料理をしていて、見ないうちに料理が上達している娘を見て、頼もしくなったなあと感心しました♪

脚やふくらはぎのダイエット方法とは

脚がスリムな女性は全身がすらっとしていて、後ろからの立ち姿もとてもきれいです。細く美しい脚は、きゃしゃな感じがして可愛らしく人気があります。細い脚を目指して、熱心にダイエットを実践しているという人は、多いのではないでしょうか。ダイエットでは、期待したようにふくらはぎを引き締めることは困難ですが、ダイエットの方によって引き締められます。ダイエットのために食事制限をしている人は大勢いますが、体に負担のかかるダイエットをしても脚痩せ効果は得られません。ダイエットでは、効率的に運動も組み入れなければ、筋肉量が衰えてしまい、脂肪が多いふくらはぎになってしまいかねません。運動も、いきなりハードな運動をすると体が持ちませんので、ウォーキングなどがいいでしょう。有酸素運動によって脂肪が燃焼されるので最低20分は続けてみることを目標にして、近くの公園などをウォーキングしてみましょう。ふくらはぎの蓄積されていた脂肪を燃焼させ、筋肉が適度についている状態になるには、ウォーキングやジョギングが役立ちます。ウォーキングは、専用のダイエット器具や、運動のテクニックなどを必要とせず、いつでも開始することができるという利点があります。脚の引き締めにウォーキング運動が効果がありますが、歩く時に太ももをしっかりあげて、腕を振ることで、全身運動にもなりえます。体を動かすことが得意ではない人でも、ウォーキングなら取り組み安いでしょうから、脚痩せのために少しでもチャレンジしてみてください。

太い脚をスリムにするダイエット方法

太い脚を何とかしたいと考えている人におすすめのダイエット方法があります。多くの人が、熱心にダイエットを実践することで脚を細くしたいと考えているけれども、期待したような効果が得られないでいると感じているといいます。下半身の脚の線をキュッと引き締めたいからと、脚やせに効果があるというダイエットを好んで行う人がいます。やたらとダイエットをしても、期待したような効果は得られませんので、計画的なダイエットで脚を引き締めることが肝心です。体重を減らした結果、脂肪はついたままで、筋肉が減るというのは都合が悪いので、カロリー制限だけのダイエットはおすすめできません。何より、無理な食事制限によるダイエット方法は、健康を損なう可能性もあり、魅力的な痩せ方ができません。食べないダイエットは簡単にできる方法ですが、運動なくしては健康的な体重の減り方を実現することが難しいです。有酸素運動をある時間をつくって、20分以上の運動を連続して行えるようにすることで、運動でのダイエットができるようになります。ダイエットを目的に有酸素運動をする場合、体脂肪を使い始めるまでは最低でも20分の運動を継続しなければならんいといいます。ハードな運動をする必要はありませんので、軽く息が切れる程度の運動を20分続けることで、シェイプアップ効果を体感できるようになります。ウォーキングは、一人一人の体力や運動能力に合わせて運動量を調整できますし、やり方も簡単に覚えられます。雨の日はウォーキング出来ませんが、階段などの段差を使って踏み台昇降運動をするのも脚痩せには効果的です。

標準体重は、身長と体重から肥満の度合いを数値で表したもの

標準体重は、身長と体重から肥満の度合いを数値で表したもので、大きくオーバーしている場合にはダイエットする必要があります。一般的に、人間の体は標準体重に近いほうが、健康状態を保ちやすいですし、病気かかりにくいと言われています。自分の体が、標準体重から見た時に多すぎるか、少なすぎるか知ることは、健康増進の指標になります。仮に標準体重から大きく外れているならば、増やすなり、減らすなりして、体重をコントロールする必要があります。健康状態をキープするためには、体重は減りすぎていてもいいことはなく、適切に増やすことがポイントになります。定番のダイエットといえば、日々の食事量を減らし、カロリー制限をしているという人が多いようです。食事だけでなく、痩せるための運動や生活改善のことも含めてダイエットすることが、健康的も優れた方法になります。週に何度かの運動の時間をつくったり、体にいいものを意識して食べて、過食をやめることなどが、標準体重に近づくためには必要です。お酒は食欲を高めますし、お酒自体が高カロリーメニューですので、飲酒の習慣がある人は、機会を減らすようにしましょう。朝はきちんと食べることや、夕食はそれほどたくさん食べないこと、時間外の食事はやめるようにすることも重要です。夕ご飯をいっぱい食べた後、すぐに就寝すると、余ったカロリーは脂肪となって体に貯め込まれ、体重増加の原因になります。体に負荷のかかるような食事の減らし方はしないで、日頃から標準的な体重を目標にした上で、適度な食事制限や運動をすることが重要になります。